東須磨小学校校長『仁王美貴』がいじめを隠蔽。暴行・暴言も知っていた。市教委に報告せず。処分を検討

この記事を読むのに必要な時間は約 4 分です。

 

東須磨小学校の教員へのいじめ問題。

 

これほどのいじめが校内で繰り返されながら、管理職が気づかなかったというのは変な話です。

 

朝日新聞が、校長がこれらの事実を知っていて「隠蔽」していたと報じています。

 

東須磨小学校の校長がいじめを隠蔽

 

神戸市立東須磨小学校に勤めていた30~40代の男女教諭4人が昨年以降、同僚の20代の男女教員4人に暴力や嫌がらせを繰り返していた問題で、被害者のうち男性教員の一人が尻をたたかれ、ミミズ腫れができたと知っていたのに、校長が市教育委員会に報告していなかったと朝日新聞が報じています。

 

市教委では加害教諭らに加え、校長の処分も検討しているということです。

 

いじめ問題発覚後、表に出ない「仁王美貴」校長

 

仁王校長は、今年6月、別の複数教員からの相談で問題の一部を把握しましたが、口頭の注意で済ませ、翌月、市教委に「問題は収束した」と報告していました。

 

しかし、その後もこの20代の教員に対するいじめは続き、いじめを受けた教員は9月から体調を崩し学校を休んでいました。

 

その後、この教員の家族からの連絡で市教委が調査を始めて今回のいじめの全体像が判明しました。

 

事件から公の場に出ない仁王校長

 

今回のいじめ問題発覚後、仁王校長は公の場に現れていません。

 

極秘裏に開かれた保護者説明会には出席したようです。

 

4日に仁王校長が児童たちに事件の概要を伝えると、泣きだす子どももいたということです。

 

これらの壮絶ないじめが、児童に与えた影響ははかり知れません。

 

そして事実を隠蔽し続けた校長も同罪だと思います。

 

結局、加害者側の教師の実名は不明のままか

 

仁王校長が数年前から東須磨小学校で教頭をしていて、今年4月に校長に昇任したことは資料から判明しています。

 

しかし、いじめをした教師の実名は全くといっていいほど情報がありません。

 

教師は基本的にSNSをやらないので、そこから調べることもできません。

 

実名報道されないまま、事件がうやむやになり別の学校に転勤・・・というのだけは絶対に避けてもらいたいと思います。

 

東須磨小学校教師いじめ。動画が公開。加害者には「いじめ指導」の教師も 東須磨小学校教員いじめ。写真を撮ったのは加害者の教員か⁉︎「悪気はなかった」と説明 東須磨小学校教員間いじめ・いじめの生々しい写真が公開。ネットでは特定始まる 神戸市立東須磨小学校・男性教員いじめ。前代未聞の壮絶ないじめの数々。仁王美貴校長が隠蔽か

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です