森本宏樹・名寄市の臨時職員が盗撮で逮捕。SNS特定・・だと思う

この記事を読むのに必要な時間は約 3 分です。

 

上川総合振興局北部森林室名寄分室の臨時職員の男が盗撮で逮捕されました。

 

この男のものと思われるフェイスブックを発見しました。

上川総合振興局の臨時職員が盗撮で逮捕

 

上川総合振興局の37歳の臨時職員が21日、庁舎内の女子トイレに侵入し、カメラ付き携帯電話を設置したとして建造物侵入などの疑いで警察に逮捕されました。


逮捕されたのは上川総合振興局北部森林室名寄分室の臨時職員、森本宏樹容疑者(37)。


警察によりますと、森本容疑者は庁舎内の女子トイレの個室に侵入し、カメラ付き携帯電話を設置した疑いが持たれています。

 

女子職員がカメラ付き携帯電話を発見

 

女性職員が不審な携帯電話が置いてあるのを発見して道警に被害を届け出ました。

 

警察の調べに対し、森本容疑者は容疑を認めています。


森本容疑者は9月1日から臨時職員として採用され、主にパソコン作業などの事務に従事していたということです。

 

上川総合振興局北部森林室名寄分室の場所

 

上川総合振興局北部森林室名寄分室の住所は『北海道名寄市西4条北1丁目』

 

 

名寄市の人口は約27000人ですから、すでに名寄市では森本容疑者の噂が広がっているものと思います。

森本容疑者ものと思われるフェイスブック

 

名寄在住で37歳の森本宏樹という男性のフェイスブックがあります。

 

カメラでものを写すのが趣味とのことです。

 

もし、違っていたら問題なので確定だったら公開します。

 

カメラ付き携帯電話がガラケーなのかスマホなのか

 

ネットではこのカメラ付き携帯電話がガラケーなのかスマホなのかという小さい論争が起きています。

 

他の道内ニュースでとりあげれば詳細について判明すると思います。

 

しかし、臨時職員とはいえ採用する際にはきちんと身元を確かめた方がいいのではないかと思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です