相模原市、やまゆり園45人殺傷事件。植松聖被告に死刑判決。

この記事を読むのに必要な時間は約 6 分です。

2016年7月、相模原市の障害者施設「津久井やまゆり園」で19人を殺害し、26人を負傷させたとして殺人罪などに問われていた、この施設の元職員、植松聖(さとし)被告(30)に対して、横浜地裁(青沼潔裁判長)の裁判員裁判は16日、求刑通り死刑を言い渡しました。

事件の経緯

相模原障害者施設殺傷事件は、2016年7月26日、神奈川県相模原市緑区千木良476番地にある神奈川県立の知的障害者福祉施設「津久井やまゆり園」で大量殺人事件がおこった。

元施設職員の植松聖(さとし)被告が施設に侵入して所持していた刃物で入所者19人を刺殺し、入所者・職員計26人に重軽傷を負わせたとして逮捕されています。

裁判の争点

裁判では、被告の刑事責任能力の有無と程度が裁判の争点となっていました。

起訴後に被告を精神鑑定した医師は公判で、被告に大麻中毒や人格障害があるとした上で、大麻が事件に及ぼした影響はなかったか、あっても行動に影響しないほど小さかったと述べていました。

被告は障害者差別感情を膨らませて事件に及んだとされるものの、鑑定医は、被告が大麻を使っていなくても差別的な考えを維持しており、動機は正常な心理に基づいて形成されたと指摘していた。

検察側は鑑定した医師の証言を踏まえて、被告が「意思疎通できない障害者は殺した方がいい」と考えた末に事件に及んだと指摘しました。

こうした被告の考えは病的な妄想ではなく、単なる特異な考えだと強調した。

さらに事件は計画的で、襲撃時も刺す場所を冷静に判断していた様子などから、当時の被告には責任能力があったと主張した。その上で、被告に更生の可能性はなく「極刑以外に選択の余地はない」として死刑を求刑していた。

これに対し弁護側は、大麻を常用していた被告が事件の約1年前から車を暴走させたり、障害者を差別する発言を周囲にし始めたりするなど、それまでの被告とは一線を画した言動を取るように変化したと主張。

事件当時は大麻の長期使用により慢性の精神障害を発症していたとみられ、心神喪失状態だったと無罪を訴えていた。

死刑を求刑されても変わらない、ゆがんだ思想

公判で植松被告は「皆様に申し訳ないと思う」と謝罪しながらも障害者に対する差別的な考えを繰り返した。

遺族や被害者家族の前でも、重度障害者について「無理心中や介護殺人、社会保障費など、多くの問題を引き起こすもとになっている」「意思疎通できない障害者は安楽死させるべきだ」などと特異な主張をしていた。

植松被告の手記

【安楽死】

仮に貴殿が大きな事故にあい、会話、移動、食事もできず糞を垂れ流す身体になります。

元気なころの貴殿はどうすべきだと考えますか?

私は自殺スイッチを押すべきだと考えます。

『手記引用』

『植松被告が手記で書いたとされる絵』

植松聖被告「どんな判決でも控訴しない」

植松被告は、1月10日の第2回公判で死刑を悟ったといいます。

神奈川新聞の面会取材に対して、「裁判長の顔を見て、死刑宣告されると感じた。目を合わせてもらえなかった。あぁ、死刑だなぁと思った」。

そして、2月19日の最終陳述では、「わたしはどんな判決でも控訴いたしません」と言い切った。

死刑は当然と思うが疑問も残る?様々な意見

裁判を傍聴するために抽せんにならんだ川崎市の50代の男性は「実は自分の中にも差別の気持ちがあるのではないかと思うことがあり、その戒めの意味も込めて傍聴に来ました。

極刑になるのはしかたないと思いますが、障害者を差別する考えがどのように生まれたのか、被告にはもう一度きちんと話してほしいです」と話していました。

兵庫県西宮市から車いすで訪れた、手足に障害がある住田理恵さん(45)は「判決が下されたときに被告がどんな表情をするのかを見たくて来ました。被告にはずっと事件と向き合ってほしいので絶対に極刑は望みません」と話していました。

また死刑は当然としつつ、邪魔者は死刑という考えは、植松被告と同じ思想だとする意見も多くみられました。

被害者家族の想い

事件で一時、意識不明の重体となった尾野一矢さん(46)の父親の剛志さんは裁判所の前で取材に応じ、「遺族や被害者家族が望んだ求刑がされたので、同じような判決が下されることを信じています。きょうを通過点に自分たちも生きていかなければいけないと思っているので、厳粛な気持ちで判決を聞きたいです」と話していました。

また、母親のチキ子さんは「できることなら被告の存在をなかったことにしてほしいと思うくらい、事件に関わった人はみんなくたびれ果てていると思います。息子が傷つけられた日からずっともやもやした気持ちをもって過ごしてきましたが、やっとこれで終わります」と話していました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です