道央自動車道で乗用車と熊が衝突。草むらで死んでいく熊の画像がとてもかわいそう

この記事を読むのに必要な時間は約 3 分です。

 

北海道の高速道路で熊と車が衝突する事故が起きました。

 

人に怪我はなく熊は3時間後に死にました。

 

道央自動車道で車が熊と衝突

 

1日夜に道央自動車道で乗用車とクマが衝突する事故がありました。

 

 1日午後8時前、美唄の道央自動車道で、札幌方向に走っていた乗用車が、路上にいたクマと衝突しました。乗用車は、バンパー部分が一部壊れましたが、運転していた男性にけがはありません。警察によりますと、クマは体長およそ1メートルで、事故からおよそ3時間後に死にました。
 この事故で、道央道は美唄インターと岩見沢インターの間で、およそ2時間半に渡り、通行止めとなりました。

HBCニュースより引用

 

北海道は熊が出没する時期になりました。

 

熊は3時間後に死亡

 

熊は体長約1メートルですから、小熊かもしれません。

 

3月から藻岩山でも熊の足跡が見つかり、冬眠から目覚めた熊があちこちに出没しています。

 

亡くなった熊の姿

 

熊は危険な動物ですが、実際に車にひかれて亡くなる姿はとてもかわいそうです。

 

車にひかれ高速道路脇の草むらでうづくまり亡くなった熊です。

 

とても珍しい画像ですが、害獣とはいえ動物が亡くなるところを見るのはとてもかわいそうです。

 

 

 

参照:HBCニュース

 

熊が道路や線路にも出てくる時期に

 

北海道も春を迎え、熊が道路に出てきたり、鹿が道路や線路に跳びできてくる季節になりました。

 

 

道外ではあまり聞かないかもしれませんが、電車が熊や鹿にぶつかり遅延することがしばしばあります。

 

これからの季節、車を運転したり、山に行く際には熊に気をつけないといけません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です