【吉田沙保里】高校時代に6回告白して6回ふられた切ない理由

この記事を読むのに必要な時間は約 4 分です。

吉田選手が高校時代に6回ふられていた


10日、現役引退会見に臨んだレスリング女子の吉田沙保里さん(36)には、高校時代に6回告白して6回フラれた同級生の男性がいるとスポーツ報知が報じています。


吉田選手の別の一面を見ることができるこのエピソード。


この男性は、三重県名張市の会社員・北森久史さん(36)


吉田さんからは「きんちゃん」の愛称で呼ばれています。



吉田さんがマットを去ることを表明した8日午後、北森さんはLINEを送ったとのこと


「さおちゃん、本当にお疲れ様でした」。


すぐに返信があり「きんちゃん、ありがとう」


北森さんは、三重県立久居高スポーツ科学コースのクラスで3年間、吉田さんとずっと一緒だったとのこと。


小中学校時代、元西武の岡本篤志投手(37)とバッテリーを組んだ経験もある野球部の主砲に、吉田さんは恋をして、一途(いちず)に想い、6回告白し、そして…6回フラれたとのことです。


北森さんがフった理由


北森さんが吉田さんをフった理由は、恋愛対象外だったからではなかったと語っています。


その想いは、すぐに金メダリストになってレスリング界の頂点に立つだろう吉田さんのレスリングの邪魔になってはいけないという理由だったとのこと。


沖縄の修学旅行で吉田さんと野球部のみんなが相撲をとった際に、あの高速タックルで誰も吉田さんに勝てなかったことでその想いは固まったということです。


北森さんは「すぐ金メダリストになって有名人になると分かっていました。自分が付き合うような人じゃないって」と語っています。


高校時代の切ないエピソード


高校時代のエピソードでこんなことがあったそうです。


クラスで男子がケンカを始め、吉田さんに「きんちゃん、止めて!」と言われた時は「女の子っぽいトコあるじゃん…と思いつつ『お前がタックルすれば一秒で止まるわ』と思う自分もいました…」


そして最後の告白に。


最後の告白は卒業式の後、校舎の陰で。「付き合ってよ。付き合って…ください」。と吉田さんにいわれたそうです。


事前に、吉田さんの母・幸代さんからも「きんちゃん、(付き合って)お願い」と連絡を受けていましたが、断腸の思いで最後まで信念を貫き付き合わなかったとのことです。


もし、吉田選手がこの時、北森さんと付き合っていたら、国民栄誉賞を受賞する五輪V3女王は誕生していなかったかもしれません。


現在北森さんは、20代で結婚し、2男1女のパパとのこと。


吉田さんも新しい恋をして、結婚し、これからは第二の吉田沙保里を育てて欲しいと思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です