【深キョン】新恋人発覚‼︎お相手のSYホールディングス会長杉本氏とは

この記事を読むのに必要な時間は約 3 分です。

深キョンに新恋人

 

女優深田恭子(36)に真剣交際中の新恋人がいることが、6日分かったとスポニチが報じています。

 

お相手は不動産業界で史上最年少で株式上場し、時代の寵児(ちょうじ)といわれたシーラホールディングス会長、杉本宏之氏(41)

 

参照:日経ビズカフェ

 

現在交際2カ月。

 

正月には双方の親族へあいさつに訪れ、将来を見据えた交際であることを伝えているということです。

 

お相手の杉本宏之氏とは

 

杉本氏はグループ企業7社で売上高200億円を超える不動産ビジネスを展開。

 

28歳の時に業界史上最短・最年少で株式上場を果たし「不動産業界の風雲児」として一躍時の人となった人物です。

 

4歳の時にに父親が不動産業で失敗し、川崎のアパートで親子3人で6畳一間の風呂なしアパートでの極貧生活を送りました。

 

給食費が払えないほどの極貧生活の中、中学生の時に母親を病気で亡くします。

 

高校卒業後、奨学金で専門学校に進み宅建の資格を取得し、1997年に「完全歩合制」の投資用ワンルーム販売会社に就職し、年収が2000万円超。

 

その後、2001年12月に自ら起業し、株式会社エスグラントコーポレーションを設立。

 

設立4年目の2005年12月に業界史上最短、最年少で株式上場を果たします。

 

上場後、ワンルームマンション事業に加え、事業用不動産の売買、不動産ファンド等も手掛け、順調に売上高を伸ばしてきたが、2008年9月のリーマンショックの煽りを受け、2009年に会社は倒産し、自身は自己破産しました。

 

しかし2010年にはシーラホールディングを設立し、苦労の末売上高200億円超える企業に成長させたという『壮絶な起業家人生』を送っています。

 

将来を見据えた交際

 

2人の出会いは昨年11月頃。

 

もともと杉本氏が深キョンのファンだったことに加え、都内に自宅マンションが徒歩数分のごく近距離だったこともあり、急接近したということです。

 

自身のブログ「起業家 杉本宏之のアメブロ」では、ZOZOタウンの社長である前澤友作氏との写真もアップしており、女優との交際の仕方も教えてもらっているかもしれません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です