【藤井寿正】元小学校教諭に懲役5年6ヶ月。少女5人にわいせつな行為 

この記事を読むのに必要な時間は約 2 分です。

御所南小学校の元教諭に懲役5年6ヶ月の判決


小学生や中学生の少女にわいせつな行為をし、その様子を撮影したとして強姦や児童買春、児童ポルノ法違反などの罪に問われている御所南小学校の元教諭に対し京都地裁は3月11日に懲役5年6カ月の有罪判決を言い渡しました。


起訴状などによりますと、御所南小学校の元教諭の藤井寿正被告(47歳)は2016年1月から2年間当時11歳から14歳の少女5人にホテルでわいせつな行為を行いその様子をデジタルカメラや携帯電話などで撮影したとして強姦や児童買春、児童ポルノ法違反などの罪に問われていました。



結局、被害にあった少女は5人もいました。


同じくらいの年齢の娘もいた藤井被告。


小学校では、かなり変わった先生で生徒の間では知られていました。


その行為が懲役5年6ヶ月とは・・:少し軽すぎる気がします。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です