【高須院長】美人の多い都道府県ランキングに疑問‼︎本当の1位は?

高須院長が美人の多い都道府県に『そうかな』

 

高須クリニック院長・高須克弥氏が『美人の多い都道府県ランキング』に「本当にそうかな?」と疑問を投げかけています。

 

 

昔から、言われているのが「秋田美人」。

 

これは、秋田の女性は肌が白いことから「美人が多い」と言われています。

 

9月に発表された「美男美女が多いと思う都道府県ランキング」(出典:gooランキング)で、トップ3は1位・秋田県、2位・福岡県、3位・沖縄県という結果になりました。

 

これは、おそらく「秋田県」は不動の1位としても、福岡と沖縄は芸能人の出身地という点から選ばれたような気がします。

 

芸能界を見ると、秋田県出身は佐々木希、加藤夏希、生駒里奈。

 

福岡県は橋本環奈、吉瀬美智子、黒木瞳、松田聖子など、新旧多数の芸能人がいます。

 

沖縄県は、今や有名芸能人の宝庫で、新垣結衣、仲間由紀恵、黒木メイサ、安室奈美恵などそうそうたる芸能人を輩出しています。

 

確かにこの3県出身の美人芸能人は多数います。

 

ちなみに、ランキングワースト3は42位・茨城県、山梨県、長野県、岐阜県(以上同票)、46位・香川県、47位・岡山県になりました。

 

スポンサーリンク

週刊女性が高須院長に聞いた結果

 

果たして、実際に都道府県によって美人の多さや質は変わってくるのか? 

 

高須院長に週刊女性が意見を聞いています。

 

高須「確かに、イメージで言えば、色が白い秋田、出身スターも多い福岡、エキゾチックな顔立ちの沖縄ってイメージはあるね。でも、本当にそうかな?

――もしかして、トップにランクインしていなくても、院長的にここは美人が多い! という都道府県があるのでしょうか?

高須「違う違う! ボクが思うのは、昔の人は移動せず、ずっと定位置で住んでいて、見た目はもちろん風習・性質も含めて地域に特性があった。でも今は日本全国どこでもネットがつながるし、飛行機や新幹線など交通網の発達でどこへでも日帰りレベルでスイスイ行けちゃう。すると日本全国、カルチャーもルックスも均一化が起きるんだよ

参照:週刊女性プライム

 

確かに、日本のどこも行き来が可能になると、出身地だけでは美人は限定できません。

 

というか、もともとあまり出身地は関係ないと私は思っています。

 

特に北海道は、ほとんどが本州からの移住者なので、祖父や祖母の代に遡ると秋田県だったり、新潟県だったり様々です。

 

高須院長は、どこどこの県は〇〇っぽいということはあると思うとの意見です。

 

高須院長が考える美人の多い都道府県は

 

高須院長は美人的にベストな地域の組み合わせとして、「遠方エリアの組み合わせ」と語っています。

 

例えば、沖縄県と京都府とか、足りない部分が補える組み合わせだそうです。

 

一番聞きたい、高須院長が考える「一番美人の多い都道府県」はという質問に対しては、やはり『東京』との意見です。

 

理由は・・・分母が多く、コスメショップやエステ、美容整形外科が多いからだそうです。

 

そして、今いる都道府県を移動せず、より美人になる方法は「美容整形」だと、ごもっともな意見です。

 

美人とは「全体的なバランス」ですから、それを整えるには整形が一番というのは理屈にあっています。

 

芸能界でも、美人と言われている人たちは、顔のパーツのバランスが整っている人です。

(おそらく、みな整形していると思いますが)

 

韓国では、今や当たり前になっている美容整形ですが、日本人にはまだまだ抵抗があるようです。

 

しかし、最も美人に近づく方法であることには間違いありません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です