太田幸司。介護利用者が寝付かず腹を立て殴り死亡‼︎札幌の事業所は?

この記事を読むのに必要な時間は約 3 分です。

介護職員が利用者に腹を立て何度も殴る

 

介護サービスを利用していた35歳の男性の顔面などを何度も殴り死亡させたとして、北海道札幌市豊平区中の島の介護職員、太田幸司容疑者(24)が逮捕されました。

 

太田容疑者は2019年7月19日午後5時30分から20日午前7時25分頃までの間、札幌市東区の共同住宅で介護サービスを利用していた男性の顔面などを複数回殴るなどの暴行を加え、無職の山下茂樹さん(35)を脳ヘルニアにより死亡させました。

太田容疑者は泊まり込みで在宅介護

 

今回の太田容疑者の暴行は、搬送先の病院からの通報で事件が発覚。

山下さんは身体に障がいがあり、太田容疑者は東区内の在宅介護サービスを行う事業所に勤務。

 

 

事件当日は太田容疑者が泊まり込みで介護をしていたということです。

 

警察の調べに対し太田容疑者は「寝付かないから腹をたててやった」と容疑を認めているということです。

 

在宅介護サービスとは

 

在宅介護サービスとは、自宅にホームヘルパーや看護師などの専門職が訪問して行うサービスです。

介護者のご自宅へ訪問する「訪問介護」と要介護者が施設へ通いサービスを受ける「通所介護(デイサービス)」があります。

 

今回は、この「訪問介護」だったと思われます。

 

 

私も知らなかったのですが、「泊まり込み」で要介護者の自宅で介護をするサービスもあるようです。

 

東区にある在宅介護サービス会社とは

 

札幌市東区近辺の「在宅介護サービス」を行う会社は多数あり、いまのところ事業所は特定できていません。

 

参照:Google マップ

 

ちなみに、太田容疑者のSNSの特定もできません。

 

また、事件の詳細については報道されるでしょうから追記する予定です。

 

私も札幌に住んでいるので、このような介護士のいる事業所に介護を依頼したらとんでもないことになります。

 

おそらく、相手が寝ている間に自分も仮眠するのでしょうが、寝ないからといって殴るというのは論外です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です