【KYBデータ改ざん】発覚は従業員同士の会話から‼︎その手口と理由⁉︎

この記事を読むのに必要な時間は約 7 分です。

要点をざっくり

  • 油圧機器メーカーKYB(本社・東京都港区)と子会社が製造した免震・制振装置の性能検査データ改ざん。
  • 国土交通省の認定に適合しない製品などを、986件出荷していました。
  • この不正は18年以上続けられていた可能性があります。

KYBがデータ改ざん

 

油圧機器大手「KYB」(東京)は16日、同社と子会社の「カヤバシステムマシナリー」(同)が製造した免震・制振装置に検査データの改ざんがあり、国土交通省の基準や顧客の性能基準に合わない製品を出荷していたと発表しました。

 

f:id:gbh06101:20181017143746p:plain

参照:共同ニュース

 

KYBは1919年創業で、自動車向けショックアブソーバーで世界シェア2位の大手メーカー。

 

今回不正を起こした建物用の免震や制振ダンパーでは国内シェアトップです。

 

不適合品は、疑いがあるものも含めると、マンションや病院、庁舎など全47都道府県の建物計986件で使われているということです。

 

f:id:gbh06101:20181017142720p:plain

参照:HTBニュース

 

このデータ改ざんダンパーが、最も使われていたのは住居で、全国250カ所以上の物件で使われていました。

 

発覚から公表まで2カ月間かかっており、大手ゼネコン幹部は「報告は一切なく、どこに使われているかわからない」と話しています。

 

国交省によると震度7程度の地震でも倒壊の恐れはなく、安全性に問題はないとされていますが、揺れが大きくなったり加速度が増加する可能性があるとのことです。

 

同省はKYBに対し、免震・制振装置を速やかに交換し、改ざんの原因究明と再発防止策を報告するよう求めました。

 

データの改ざんがあったのは、揺れを低減する免震用と制振用のオイルダンパーの2種類。

 

f:id:gbh06101:20181017132743p:plain

参照:朝日新聞   

 

このダンパーは、2000年3月~18年9月まで出荷され、不正は18年以上続いていたとみられています。

 

従業員同士の会話から発覚

 

発覚のきっかけは、休憩中のカヤバシステムマシナリーの従業員同士の会話でした。

 

検査担当者から改ざんの話を聞いた1人が、上司に報告したということです。

 

KYBが両社の歴代担当者を聴取した結果、遅くともKYB岐阜南工場(岐阜県可児市)でオイルダンパーを作るようになった2000年3月には改ざんが始まった可能性があるということが判明しました。

 

07年には子会社のカヤバ社に製造事業が移り、工場も津市に変わりましたが、不正は引き継がれました。

 

これまでに少なくとも計8人が改ざんを認めたということです。

 

東洋ゴム工業の例が生きていなかった

 

今回のKYBのデータ偽装については、18年8月に子会社である「カヤバシステムマシナリー」の従業員からの指摘を受け、社内調査を進めていました。

 

KYBの免震偽装は、15年に表面化した東洋ゴム工業のそれを上回っています。

 

東洋ゴム工業では、2015年に子会社が免震ゴムの性能データを偽装し、性能不足の製品がマンションなど約150棟で使われていたことが発覚。

 

一定の安全性は確認できましたが、当時の社長らは引責辞任しました。

 

今回のKYBのデータ改ざん問題を重く見た国交省は免震装置メーカー88社を対象に、改ざんの有無の一斉調査を行うこととしました。

 

しかし、あれほど騒がれた東洋ゴム工業のデータ改ざん事件から、国交省は今まで何をしていたのでしょう。

 

この検査データが改ざんされた製品は『橋』でも2件、使われています。

 

f:id:gbh06101:20181017151031p:plain

参照:共同ニュース

スカイツリーにも使用されている可能性が。

 

それどころか、震度7程度の地震での倒壊の恐れはないというのは、震度7強以上なら危ないということで、いつ大地震がくるかわからない日本でそんな悠長なことを言っていていいのでしょうか。

 

データ改ざんの手口

 

KYBの説明によると、性能検査で適正なデータが出なかった際に、検査員がデータに不正な係数を加えて適切な数値になるように操作していたということです。

 

本来は製品を分解して調整し、組み立て直して再検査するなどの手順が必要になり、一連の作業は「平均5時間前後かかる」ため、納期に間に合わせるように不正に走ったとみられています。

 

KYBは不適合品に加え、データ書きかえの有無が確認できない製品も「すべて取り換える方針」ということです。

 

f:id:gbh06101:20181017150504p:plain

参照:KYB HP 

 

東洋ゴム工業のデータ改ざん問題の際も、KYBでは対岸の火事としてとらえていたのでしょうか。

 

北海道にも12件のKYB製品が

 

KYBの免震装置が、道内に12件あることが判明しています。

 

免震装置が9件、制振装置が3件のです。


道庁の本庁舎ではおととしの免震改修で、KYBの子会社カヤバシステムマシナリーオイルダンパー12本が設置されていたことがわかりました。

 

f:id:gbh06101:20181017145243p:plain

 参照:ウイキペディア 北海道庁

 

現在、道がこの装置が問題の製品かどうか、確認を進めています。


また、国土交通省は該当施設を公表していませんが、札幌市には、メーカー側から近く説明に訪れると連絡があったということです。

 

北海道は、9月6日に北海道胆振東部地震があったばかりです。

 

震度は7。

 

国交省では大丈夫という大きさの地震ですが、道内でも建物が密集している札幌は、震度5強です。

 

震度7でも、果たして問題がなかったでしょうか。

 

前の人がやっていたからといって、18年以上も不正が繰り返されていたというのも解せません。

 

社内検査もあるでしょうし、KYBも知っていた可能性が高いと思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です