NHK契約情報不正取得でN国・立花孝志党首を書類送検。不正競争防止法違反と威力業務妨害の疑い。

この記事を読むのに必要な時間は約 3 分です。

N国・立花孝志党首(52)が書類送検されました。

立花孝志党首が書類送検されるのは今回で2回目です。

NHK契約情報を不正に取得

7日、NHKの放送受信契約に関する個人情報を不正に取得し、その情報を利用して会長との面会を迫ったとして、不正競争防止法違反と威力業務妨害の疑いで、N国ことNHKから国民を守る党の党首立花孝志(52)が書類送検されました。

立花党首は、容疑を大筋で認めているといいます。

契約情報を公開するとNHK会長に面会要求

立花容疑者は、昨年9月14日、放送受信料の集金スタッフが使うタブレット端末の画面を撮影し、営業秘密である19世帯の契約情報などを不正に取得。

同年11月中旬には、これらの情報を公開するとして、当時の上田良一会長との面会を要求したといいます。

立花党首はスタッフの集金業務に付き添い、その際に端末画面を撮影したようです。

警視庁は画面を見せたスタッフの男性(26)も7日、不正競争防止法違反容疑で書類送検しました。

情報をたてに「インターネットで拡散する」などと脅すような演説や電話

捜査関係者によると、立花党首は昨年11月中旬、東京・渋谷のNHK放送センター前などで演説をした際

撮影で得た契約者の個人情報を前提に、「インターネット上に拡散する」「会長として何も対応しないのか」などと脅すような発言をし、NHK側に対応を強いたといいます。

又、11月19日には、NHKに電話でも上田良一会長に面会させなければ情報をインターネットに流すなどと脅すような発言をしたという。

警視庁はNHKからの相談をうけて捜査を開始し、こうした行為が威力業務妨害容疑に当たると判断したということです。

19年10月にも議員の男性を脅し書類送検

立花党首は19年10月にも、インターネット上に投稿した動画の中で、区議会議員を脅したとして、書類送検されています。

かつて党に所属した東京の区議会議員に対し、「徹底的にこいつの人生僕はつぶしにいきます」などと脅したとして、脅迫の疑いが持たれています。

立花党首は会見で「議員である公人どうしの争いだ」などと述べ、脅迫にはあたらないと主張していました。

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です