『井上猛弘』青森県野辺地町の施設で刃物を持って立てこもりで現行犯逮捕。けが人なし

この記事を読むのに必要な時間は約 2 分です。

28日夕方、野辺地町の施設に40代の男が刃物を持って立てこもったなどとして、銃刀法違反などの疑いで逮捕されました。

1時間半にわたってたてこもり


逮捕されたのは野辺地町新町裏に住む無職の井上猛弘容疑者(44)です。

井上容疑者は28日午後4時10分頃、刃渡り20センチの文化包丁を持って野辺地町の健康増進センターの診察室に立てこもったとして銃刀法違反と建造物侵入、威力業務妨害の疑いが持たれています。

井上容疑者は、この施設に1時間半にわたってたてこもりましたが、駆けつけた警察官らの説得を受け、部屋から出てきたところを逮捕されました。

警察によりますと当時、施設の中には職員およそ20人がいましたが、警察官の誘導で全員外に避難し、けが人はいないということです。

ひきこもりがちで就労支援

井上容疑者はこれまでに複数回、この施設を訪れたことがあるといい、今日訪れた際には特定の人物の名前を挙げ、「会わせなければ死ぬ」などと話していたといいます。

現場近くの町社会福祉協議会の男性職員によると、井上容疑者は引きこもりがちで、町が就労支援などをしてきたということです。

立てこもり直後にTwitterで話題

立てこもりが発生した4月28日16時頃、青森県野辺地町の町健康増進センターの職員から「刃物を持った男が来ている」と通報があり、男が施設に立てこもっているとツイートし話題となっていました。

野辺地町の町健康増進センター

『参照:東京新聞』

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です