【純烈】泣ける話‼︎リーダー酒井にスタバ店員が粋な応援メッセージ

この記事を読むのに必要な時間は約 3 分です。

純烈リーダー酒井がブログアップ


メンバーの友井雄亮(38)が交際女性への暴力や金銭トラブルの責任を取って芸能界を引退し、4人組となったムード歌謡グループ「純烈」のリーダーの酒井一圭(43)が20日、「あの記者会見で誰も聞いてくれなかったから言えなかったこと」というエントリーでブログを更新しました。


『夢の紅白初出場から類を見ない転落劇である。(このくらいは自分たちでネタにするのはご容赦頂きたい😊)』とし、その後長男とスーパー銭湯に行った話が続きます。


そして、駅中にあるスタバの店員さんに、酒井が純烈のリーダーであることがレコ大や紅白をテレビでみて気づいたと年始に声をかけられたそうです。


酒井は毎朝大きなキャリーバックを引いて何かしている怪しい人だったのが、この年末年始の活躍で、純烈のリーダーだとスタバの店員さんにやっと分かってもらえたようです。


そして、いつも酒井がスタバで頼むのは「ココア」だそうです。


友井の件があり、なかなか行きづらかったスタバに、意を決して行ってココアを頼んだということです。


そして、 最後にレシートを渡される時に「大変でしたね。」と声をかけられ、「ありがとうございます。大丈夫!頑張ります!」と答えたところ、そこにいる店員さん全員が「頑張ってください!」「みんなで応援しますからね!」って激励してくれて、ビックリしたと綴っています。


そして、ホームに上がって一口飲んそのカップに『いつもおうえんしています❕」と書いてあって2度ビックリ。

 

 

落ち込んでばかりもいられないので、ココアを飲んで頑張るしかないと気をとりなおした酒井。


今までの苦労を見ている人はちゃんと見てくれていたようです。


心機一転、「夢は紅白❕親孝行❕」を今年も実現できるといいですね。


スタバの店員さんも粋な計らいをするものです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です