【アレフ札幌道場】2つの拠点に公安数名‼︎集団自殺を防げない理由⁉︎

要点をざっくり

  • 本日、札幌のアレフの白石区の拠点と豊平区の拠点を見てきました。
  • 昨日の大人数の取材陣とはうってかわって、公安の方とテレビ局の方が数名いるだけでした。
  • 公安とすれば、テロがある程度防げればいいという感じに見えます。

昨日のアレフ札幌道場

 

オウム真理教の元代表の麻原彰晃、本名・松本智津夫死刑囚らに死刑が執行されたことを受けて、6日、オウム真理教から名前を変えた教団の札幌市の活動拠点に公安調査庁が立ち入り検査に入りました。

 

f:id:gbh06101:20180707194445p:plain

参照:NHKニュース

 

信者への影響などについて、把握を進めるものとみられます。

立ち入り検査を受けたのは、札幌市白石区にあるオウム真理教から名前を「アレフ」に変えた、アレフ最大の拠点である教団の施設です。

6日正午ごろ、公安調査庁の担当者が施設に入りました。

 

f:id:gbh06101:20180707194613j:plain

 

公安調査庁によりますと、この施設は4階建てで常駐している出家信者は数人とみられています。

 

しかし、セミナーなどが行われるときには周辺や道内だけでなく全国から数百人の信者が訪れ、アレフの施設の中では全国で最大規模の活動拠点です。

 

施設で怒号が飛び交う

 
立ち入り検査では、職員が施設に入る際には大きな声が飛び交い物々しい雰囲気になりました。

 

また、施設内でも叫び声が聞こえていたようです。

 

f:id:gbh06101:20180707204016p:plain
f:id:gbh06101:20180707204257p:plain
公安立ち入り

参照:UHBニュース

検査のたびに、大きな声が飛び交うのはなぜでしょう。

 

かなり、好戦的なものを感じます。

今回の立ち入り検査はおよそ2時間半で終わり、その後は信者とみられる数人が車に乗って無理やり外に出て行きました。

 

この時にも、ニュースでは怒号が飛び交っていました。

 

アレフとオウム真理教はほとんど同じ教義を信仰しているので、また同じようにサリン等をばらまかれても困ります。

 

f:id:gbh06101:20180707194711p:plain

参照:HTBニュース

 

最終的には「邪魔者は消せ」というのは、一緒のようです。

このため公安調査庁は、施設や信者の動向をここ数日は体制を強化して見守るということですが・・・。

 

北海道に300人の信者

 

公安調査庁によりますと、去年の調査で、アレフの信者数は全国に在家と出家をあわせておよそ1500人いるとみられています。



このうち北海道では札幌市を中心にここ数年、信者が増え続けていて、今では全国で最も多いおよそ300人に上っているとみられています。

 

300人以上の、アレフ=オウム真理教に泣かされている人や家族がいるということです。



新たな信者を勧誘する活動は、今も札幌を中心に活発に行われています。

 

そして、白石区にある施設は、一昨年アレフであるということを隠して売りに出されていたビルを購入し、全国で確認されているアレフの施設の中では最大規模の活動拠点になりました。

 

裏には大きな病院やスーパーがあり、住宅やマンションも立ち並んでいます。

 

施設の周辺に住む信者



また、施設の周辺には、20代や30代の若者を中心にした在家信者が住んでおり、日ごろの修行や年に数回の大規模なセミナーの際に集まって活動しているということです。

 

建物内にも、数名の出家信者がおり、いわゆる修行をしているようです。



公安調査庁がことし3月、札幌市白石区にあるアレフの施設への立入検査の際に撮影した写真では、アレフの信者が修行の場として利用している道場に大きな祭壇が設けられ、その中央には麻原彰晃、本名・松本智津夫死刑囚の写真が掲げられていました。

 

f:id:gbh06101:20180707194953p:plain

参照:公安調査庁



また、本棚には松本死刑囚が執筆した宗教や精神世界などについて書かれた本も並べられています。

 

個室にまで、松本死刑囚の写真が飾られ、松本死刑囚の神格化も懸念されています。

 

今回、松本死刑囚が死刑になりましたが、この団体を縮小または壊滅させないとそのまま「教え」が生き続けることになります。

 

スポンサーリンク

私が見たアレフの人たち

 

私は、週に1回か2週間に1回はこの施設を見て回ることにしています。

 

そうすると、この白石の施設には本当に普通の人(女性しか見たことがありません)が、玄関から入っていきます。

 

普通の主婦や、街を歩いている人たちです。

 

私が施設に行って呼んでも誰も出てこないので、電話をして話したところでは、いたって「普通」です。

 

新興宗教関係者の独特な変に優しい話し方ではなく、意外にぶっきらぼうで人をバカにしたような話し方をします。

(私の聞き方も悪いのかも)

 

洗脳とかではなく、普通の判断力はあるようです。(おそらく電話に出たのは幹部)

 

「普通」で、オウム真理教を信じているということは非常に怖いことです。

 

松本死刑囚の死刑執行で関心が高まっている今こそ、改めて北海道の人たちも関心を持つべきだと私は思います。

 

地域住民たちは

 

白石区の住民で作った、『東白石地域オウム真理教(アレフ)対策住民協議会』で署名活動等をしているとのことですが、公安に聞いても町内会長に聞いても連絡先すら分かりません。

 

立て看板も、見張りも立っているところを見たことがありません。

 

それどころか、施設のたっている場所の町内会長が、アレフの信者が町内会費を持ってきて断れないと困っているというほどです。

(断ればいいのに)

 

私は、他力本願では、どうしようもないと思います。

 

アレフのヨガ教室に通った男性の話

 

UHBでは、アレフのヨガ教室に通っていた男性にインタビューしています。

 

やはり、懸念しているのは松本死刑囚の後追い自殺をする信者がいるのではないかということです。

 

f:id:gbh06101:20180707205048p:plain

参照:UHBニュース

 

f:id:gbh06101:20180707205111p:plain参照:UHBニュース

 

アレフの教義では、死後も繋がりがあると考えるので、松本死刑囚の熱狂的ファンが後追い自殺することが考えられるというのです。

 

また、札幌のアレフでは、松本死刑囚は死刑にならずに帰ってくると教えられていたそうです。

 

f:id:gbh06101:20180707205158p:plain

松本死刑囚

参照:UHBニュース

 

アレフとしては死刑が施行された以上、松本死刑囚を神格化することでしか、教団の仕組みを保てないので、これからバタバタすると考えられると語っています。

 

今日の白石区と豊平区の施設

 

昨日は報道機関が詰め掛けていたようですが、今日の午前中に行ったアレフの白石区の施設と豊平区の施設は静かなものでした。

 

松本死刑囚が死刑執行されるXデーに何かが起こると言われていましたが、昨日アレフに電話したところでは、あまりに突然で何も準備していないという感じでした。

 

テレビ局も死刑執行の速報を聞いて駆けつけたくらいなので、本当にシークレットだったと思われます。

 

白石区の施設の前には数名の公安という紋章をつけた方2人とテレビ局の人たちが3人ほどおり、昨日とは打って変わって静かなものでした。

 

f:id:gbh06101:20180707195215j:plain
f:id:gbh06101:20180707195249j:plain
アレフ白石区
f:id:gbh06101:20180707200013j:plain
f:id:gbh06101:20180707195800j:plain
アレフ白石区 裏

相変わらず、表も裏もカーテンが閉まっていて中が全く見えません。

 

f:id:gbh06101:20180707201817j:plain

 

裏側にも、公安とおぼしき人たちが数名いました。

 

また、豊平区の施設には公安という紋章をつけた人が1人いた程度でした。

 

f:id:gbh06101:20180707195336j:plain
f:id:gbh06101:20180707195349j:plain
アレフ豊平

いつものことですが、こちらもカーテンが閉まっていて、全く中の様子が見えません。

どちらも音が漏れない限り、なかで人が自殺しても外からでは分かりません。

 

公安は不審者が来ないか、またテレビ局(TVH)は何かあれば撮ろうとしているだけのようです。

 

たとえ何人、公安の人間を外に置いたとしても、カーテンで締め切られており、中はどっちみち見えません。

 

これでは信者の後追い自殺を防ぎようがありません。

 

アレフにしてもあまりにも突然の松本死刑囚の死刑執行のため、今後どうするかまだ決めかねているのでしょう。

 

私は、白石区の施設の玄関まで行き、中を見てきましたが公安の方に呼び止めもされませんでしたし、アレフの信者も出てきませんでした。

(報道のようなインターホンの張り紙はありませんでした)

 

f:id:gbh06101:20180707201745j:plain

 

ただ、玄関のガラスドアの中の傘だてには傘が10数本刺さっていたので、信者が建物内にいるのは確かだと思います。

 

また、公安は知っているかどうか分かりませんが、この施設に来る信者用に第二駐輪場をアレフは借りたようですが、今日はその張り紙がありませんでした。

 

中にいる信者達は、自転車を、人数が分からないように別の目のつかない場所にとめているのでしょう。

 

おそらく、アレフが何か事を起こすとしたら、もう少し先になると思われます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です